ビジネスに役立つ講座や交流会を開催
社長・個人事業主からサラリーマン・主婦まで、どなたでも
アベノ塾

ホーム  会場案内  お問合せ

〒545-0052
大阪市阿倍野区阿倍野筋3-12-2
あべのクオレ1F
(ナガセキャリアプラザ アベノ校)
TEL 06-6647-5571

企業経営

<企業経営(マネジメント)>

 

マネジメント(経営)とは、

外部にある顧客、社会を目的に成果を実現させるために、

内部の人の知恵と知識と活力により行う合理的、生産的、創造的な人間活動です。

 

マネジメントは、

利益や組織を目的に行うと失敗し、成果を得ることはできません。

利益の実現、組織の存続・成長はマネジメントの成果としてもたらされる顧客や社会による評価です。

 

①外部にある顧客、社会を目的にして成果を実現させるためには

提供する効用(商品・サービス)に満足して、対価を支払ってくれるのが唯一顧客であるということを認識することが始まりです。

組織がそのことを認識せず無視したり不充分であったりするとただちに滅亡にむかいます。

 

②内部の人の知恵と知識と活動を最適に活かし組織に強みをもたらすには

人の持つ知恵と知識を最適に組み合わせて実行(協働)させることが必要です。

人こそ最大の経営資源であり、その活動の成果により「資金」や「モノ」が事後的にでも獲得がなされます。

 

③合理的、生産的かつ創造的な組織活動を実現するには

仕事は論理的かつ目的的の構築し、人の能力と活力を引き出すには人の持つ欲求を理解し引き出すことが求められます。

そのことにより、顧客と社会に貢献できてはじめて存続することができます。

 

すべての成果は、マネジメントのあり方によって左右されます。

 

すべての人に機会があります。

顧客と社会にある「欲求と価値観と現実」とさらにその「変化」を、「どのように考え」「どのように捉え」「どのように実行するか」によって「成果」のあり方が異なります。

 

すべては考え方から始まります。

そして、いかに知恵と知識を活かし実行するか。

マネジメントは、正しく顧客と社会における現実の原理原則を理解することから始まります。

 

<経営者のマネジメント>

経営者は、現在社会の中心的役割を行う存在です。

 

企業は存続を目指します。

正しい知恵として最初に知っていなければならないのは、

企業の存続を保証するのは、唯一顧客であることです。

 

企業活動の成果は、顧客の満足です。

顧客満足を実現させることによって、企業の「存続と成長」と「余剰現金(キャッシュフロー)」と「経営者自身の生きがい」と「従業員の生活の糧と生きがい」がかなえられます。

 

経営者の目標は4つです。

顧客の満足

社員の満足

③利益・キャッシュフロー

さらに

④経営者自身の生きがい

 

主な参考文献

①「マネジメント 基本と原則」 P・F・ドラッガー著 

                 上田 惇生編訳  ダイヤモンド社 

②「ドラッガー 時代を超える言葉」 上田 惇生著  ダイヤモンド 社

③「現代の経営 上下」 P・F・ドラッガー著 上田 惇生訳  ダイヤモンド社 

④「経営者の条件」 P・F・ドラッガー著 上田 惇生訳  ダイヤモンド 社

⑤「ネクスト・ソサエティー」 P・F・ドラッガー著 

                 上田 惇生訳  ダイヤモンド 社

その他 

松下幸之助 著作文献 稲盛和夫 著作文献 ジャック・ウェルチ 著作文献等