ビジネスに役立つ講座や交流会を開催
社長・個人事業主からサラリーマン・主婦まで、どなたでも
アベノ塾

ホーム  会場案内  お問合せ

〒545-0052
大阪市阿倍野区阿倍野筋3-12-2
あべのクオレ1F
(ナガセキャリアプラザ アベノ校)
TEL 06-6647-5571

良い商品とは

<良い商品とは>

 

良い商品とは、その時に顧客が一番手に入れることを欲求する商品です。

そして、手に入れる条件と状況を満たしている商品です。



よくあるカン違いは、「よいものさえ創ればお客様は分かってくれる」という考え方です。


一生懸命努力して工夫して作ったのに誰も相手にしてくれない。

そこで結論付けるのは、売れないのは「お客さんに見る目がないからだ」という考え方です。


ここに既に回答があります。

「見る目のないお客様」に私たちは売ろうとしているということです。

 

ほんとうによい商品で、なおに売れないというケースもがあります。

「知ってもらえていない。」

「買ってもらえる場所にない。」

良い商品とは、顧客の都合にすべてあった商品です。


 

知ってもらえるようにして、

買ってもらえるようにして、

この条件をそろえることも、よい商品の条件です。

 

この条件がそろっても売れなければ、一から考え直すことです。

成功するまで続ければ「良い商品」をつくる機会が訪れます。

 

 

<良いものづくりの準備>

唯一、商品を買ってくれるのはこのお客さんだということです。

売ろうとするなら、まず、どんなものだったら買ってくれるのかを知らねばなりません。

 

商品をつくろうとするときに、

「どれだけお客さんを観察しているか」

「どれだけ今売れている商品を調べ、その売れている理由を見つけたか」

「なぜ現に売れているのか考えたか」

ここが商品づくりの最も重要な準備です。

 


お客さんが渇望しているものを見つけて、

お客さんの望みをかなえるように、

心を込めて創り上げればチャンスが生まれます。

 

すべては「顧客の移ろい変わりやすい心」次第です。

ここのところを無視して「もの」を創ってしますと宝くじをあてる確率でしか成果は生まれません。

 

よい商品をつくるポイントは、繰り返しますが、

誰が買ってくれるのか、

誰から見てよい商品なのかということを心に明記することです。

効 用 参照 クリックしてください

 

<私たちの顧客>

作り手から見てよいというのは、必ずしもお客様にとって良い商品とは言えません。

ここに良い商品づくりのむずかしさがあります。

 

といって過去の模倣やすべてが一定以上満足だけでは筋の通らない商品になります。

どこにもない商品、オリジナル性がある商品が顧客を引きつけています。

何をもっとも重視するかがポイントです。

 

簡単な解答はありません。

解答を出すのはあなた自身です。

だから、あなたにチャンスがあります。

 

よい商品とは

私の好きなお客様に、

これが私がご提供できる商品ですという確信のもとに、

試行錯誤して完成させた商品です。

 

その商品は、他とは何か違いがあります。

何か訴えるものがあります。

これは、工業製品についてもいえることです。

これこそが、顧客にとって一番良い商品を作り上げるエッセンスです。