ビジネスに役立つ講座や交流会を開催
社長・個人事業主からサラリーマン・主婦まで、どなたでも
アベノ塾

ホーム  会場案内  お問合せ

〒545-0052
大阪市阿倍野区阿倍野筋3-12-2
あべのクオレ1F
(ナガセキャリアプラザ アベノ校)
TEL 06-6647-5571

予算化

<予算化>

 

予算化は、仕事の成果を数値によって確認しその実現を確実なものするものです。

そのため、その前提となる仕事の定義と効用の目標を定めなければなりません。

 

<仕事の目標>

①仕事の目標は、ミッションの実現です。

②働く人の生きがいの実現です。

③そしてそれらを実現させる組織の存続です。

組織は、上記二つ達成させることによって、社会に承認され支持を受け成長を可能にします。

 

仕事は、組織のために行うときその本来の存続意義を失います。

 

<効用の目標>

仕事は効用の創造と実現のために行います。

そのことによって、顧客の満足を実現します。

 

<効用のつくり込み>

 

売上と生産性の向上により成果つまり利益が計上されます。

成果の実現のために、「目標」と「標準」を定め「数値」として総合的に組み上げたのが予算です。

すべての企業活動を、成果の到着点である「利益」を逆に起点として調整します。

 

数値化には、前提があります。

①数値化は願望を表しますが、実現しなければならないということです。

②さらなる成長の実現を組み込まなければならないということです。

③個々の実行活動の具体的な指針となるものでなければなりません。