ビジネスに役立つ講座や交流会を開催
社長・個人事業主からサラリーマン・主婦まで、どなたでも
アベノ塾

ホーム  会場案内  お問合せ

〒545-0052
大阪市阿倍野区阿倍野筋3-12-2
あべのクオレ1F
(ナガセキャリアプラザ アベノ校)
TEL 06-6647-5571

経営の3種の神器

<経営の3種の神器>

 

成長を目指す企業がなさねばならない必須の3条件(3種の神器)

経営は意思覚悟を持って行う行為です。


①3S(整理・整頓・清掃)

経営の基盤です。 

これができていなければ、経営理念や計画や戦略などは無意味です。

経営理念の最初の基盤活動が3Sです。

 

②管理会計 

利益は、企業の存続・成長のための源泉です。

利益は、顧客の評価です。

顧客の評価を中心に、利益を考えてつくり込んでの行くのがが管理会計です。

 

③人事評価(人材育成のツール)

自己満足の形式的な人事評価は少しの努力で簡単に行えます。

人事評価の目的はただ一つ、成果への貢献を実現することです。

正しく成果を高めるために行う人材育成のための人事評価が、

唯一正統性をもつ人事評価です。

 

<3S(整理・整頓・清掃)>

3S(整理・整頓・清掃)は、経営者の意思と意識が社内に現れる現実です。

 

企業の信用調査を行う場合の最初のチェック・ポイントが、

事務所・工場・倉庫といった現場の3S(整理・整頓・清掃)と従業員の応対です。

 

「3S(整理・整頓・清掃)と従業員の応対」がよいのは、

経営者の意思もしく企業文化が企業経営の日常のなかに浸透していることからです。

経営者の価値観がないと社内の3S(整理・整頓・清掃)は実現しません。

 

3S(整理・整頓・清掃)はマネジメント(経営)の「価値観・現実」の最初の入口です。

3S(整理・整頓・清掃)は、外部とのかかわりについての”経営者が示す精神”の表現です。

この表現に乱れがあると3S(整理・整頓・清掃)の乱れとして現場の現実として現れます。

 

これは、最初に心掛けなければならない経営者のリーダーシップです。 

経営者が率先して行う3Sは、従業員に「価値観」を示す機会です。

3Sの定着は、「価値観」を現場に浸透しようとする意志的活動です。

※人間の本性の中で、3Sの実現は心地よい達成感をもたらします。

 

<3Sと利益>

3Sは業績とあまり関わりがないと思われ勝ちです。

しかし、3Sは利益とかかわる要件です。

業績の良い優良企業は第一条件として3Sおよび5S(3S+清潔・躾け)が行き届いておこなわれています。

 

整理整頓が行われないとき、いろんなとことでロスが発生します。

①在庫品のロスです。

②スペースのロス

③作業効率のロス

そして、最後にもっとも業績に関わりがあるのが、

④経営努力のロス

 

ロスはコストを増大させます。

ロスは無駄なコストです。

無駄なコスト(ロス)の低減は直ちに「利益」の改善に寄与します。

特に「経営努力のロス」の改善は、企業の活性化つまり利益向上の第一歩です。

3S(整理・整頓・清掃) 参照 クリックしてください 

 

<管理会計>

利益は偶然実現するものではありません。

すべてのコントロールできる活動を、有機的なプロセス化とシステム化のもとに

計画し、調整し、統制することによって実行するものです。

利益=収益-費用

 

利益の向上は2つの要件によって実現します。

①収益の増大化

②費用の低減

この2つの要件は、経営活動によってすすめられるものです。

 

収益は、顧客満足によって実現します。

収益の増大は、新たな顧客満足の改善・革新によって実現します。

費用の低減は、生産性向上によって実現します。

それは日々のコスト改善と革新(新たな発想)によって実現します。

 

管理会計は次の4つが根幹です。

①マーケティングの考え方、つまり顧客、社会、従業員満足の実現です。

②生産性の向上、成果を実現するために適切な活動です。

③イノベーションの考え方、「マーケティング」および「生産性の向上」についての革新です。

④以上の3つを有機的かつ合理的に組み込んでプロセス化・システム化します。

目標の設定、予算の構築、予算と実績の比較・評価・分析、適切なコントロールです。

 

管理会計は、マネジメントの実施において数値によって統制を行う手法です。

利益は金額によって、顧客の満足を評価できる現実です。

 

管理会計の体制ができていなければ、強い競争力を持つことはできません。

管理会計 参照 クリックしてください

 

<人材育成を目的とする人事評価>

経営の根幹は人です。

人は経営資源という以上の「最大の経営資源です」。

 

経営とは、人を目的・目標にした、人によって行われる、人のための活動です。

経営の鍵は、人です。

 

人のために貢献するのは「人」です。

この貢献する働く人の持つマンパワーを最大に引き出し、成長に導き、最大に貢献してもらえるようにするための仕掛けが「人材育成を目的とする人事評価」制度です。

 

人の才能・能力は異なり偏在しています。

それを活かすために、本人のタイプ・特性と希望を確認したうえで、企業にとって必要な能力に育て上げるためのツールとして人事評価を行います。

それが、企業にとってまた働く人にとって最大に成果をもたらす可能性を持つからです。

 

非凡な才能を待つこと稀です。

また、非凡な才能には歪みがあります。

現在の持てる人材の才能と能力の強みを最高レベルに育て、いかに非凡に育て活用するかするかが「人のマネジメント」です。

成果を実現することが目的です。

人のマネジメント 参照 クリックしてください

 

まちがった人事評価制度はまたがったリーダーを選択し、貴重な人的資源を破壊してしまいます。

重要なことは、評価することではなく人の能力を育成し最大に活用することです。

人事評価 参照 クリックしてください

 

 

この3種の神器(3つ条件)は、経営水準の層をなしています。

①経営の3S(整理・整頓・清掃)は、経営の出発点です。

②管理会計は、経営の知恵です。

③人材育成の人事評価は、経営のエッセンスです。