ビジネスに役立つ講座や交流会を開催
社長・個人事業主からサラリーマン・主婦まで、どなたでも
アベノ塾

ホーム  会場案内  お問合せ

〒545-0052
大阪市阿倍野区阿倍野筋3-12-2
あべのクオレ1F
(ナガセキャリアプラザ アベノ校)
TEL 06-6647-5571

3Sの進め方

<3Sの進め方>

 

3Sは従業員の心の整理・整頓・清掃ができてはじめて現場の整理・整頓・清掃が実現します。

 

回り道ですが、自社のミッションの確認と全従業員への周知・徹底のための忍耐強いコミュニケーションが行わなければなりません。

 

次に周知・徹底すべきなのが行動規範(価値観)です。

行動規範(価値観)については、ミッションにもとづいてあるべき姿について全社を巻き込んで自主的に構築します。

 

価値観の統一とコミュニケーションの活性化こそが、3S実現の原動力になります。

 

<経営者自身の認識>

3Sには3つの効用があります。

この効用の正しい認識なくして、効果的な経営は実現できません。

この認識をもつことが、競争に勝ち抜くための基本的教養となります。

 

 <3つの効用>

①ミッションや行動規範からはじまる3Sへの取り組みは、企業にあるべき価値観という基盤を与えます。

②あるべき価値観からはじめる現場主体の取り組みは、上下および横のコミュニケーションの活発化の基盤づくりに貢献します。

また、この体制ができなければ本質的な3Sも実現しません。

③実質的な機能の向上とコスト削減が実現され利益アップに確実に結びつきます。また、副次的効果として、取引先等の関係会社からの信頼度等の向上がはかられます。

雑然と整理されていない原材料や仕掛品は、キャッシュ(現金)のムダづかいです。

また、ムダな作業導線は従業員の活動のムダづかいです。

 

3Sなくして企業の正しい基盤の構築は不可能なので、経営者自身およびトップ・マネジメントが率先垂範もしくは最重点的に関心を注ぎ続けなければならない事項です。

 

<基本構想の構築>

最高責任者は経営者自身です。

経営者自身の当事者意識なくして困難な、従業員を巻き込んが価値実践活動は成果まで至りません。

また、形だけの3Sでも効果はありますが、より深い理解を背景としなければ企業の真の強みの構築ははかれません。

 

3Sの目的とミッションとのかかわり「なぜ3Sを行うかの目的を確認する」を明確にして周知・徹底させる。

また、活動の指針となる「行動規範」の周知・徹底にもつとめる。

責任者を任命する。

そして責任者とともに目標、担当者、スケジュールなどの基本構想を構築する

 

<基本構想に基づいて実行プランを構築>

基本構想に基づいて、実行プランを責任者および担当者で構築する。

実行プラン構築の途中で各担当の意見を反映させ、基本構想の妥当性を確認し充実をはかる。

担当者には適材を選び、権限を委譲する。

※担当者の任命は、人材育成の機会であるので思い切った抜擢も必要である。

 

<実行プランを実行およびフォロー>

スケジュールの進捗状況等を経営者および責任者が確認し、各担当者から意見を聴取するととも情報交換(コミュニケーション)を行う。

支援が必要な場合はできるだけの助言を行うが、自身で考えることを習慣づけさせる。

 

進捗状況に応じて、賞賛し勇気づけるとともに成功要因を分析して発表し横展開(他の担当者が参考にし共有する)し成果を促進させる。

責任者は未達者には、未達状況を認識させるとともに原因についてともに考え必要な勇気付けを行う。

※人材の育成とコミュニケーションと相互のスキルアップを目的とするので、全員が成果実現できるようにフォローし賞賛されるように経営者および責任者は最大の配慮と努力を行う。

 

<達成を確認し内外に披露する>

3Sは業務改革のはじまりであり、そのためまずはお互いの達成感を確認し意識改革の実感ができるように勇気づける。

 

<新たな、改革をはじめる>

3Sは決して到達点でなく、強い企業文化(風土)、体質および人材、組織をつくるためのファースト・ステップである。

成果を実現した担当者に新たな挑戦の場を提供する。

人材こそが「企業の最大の財産」であるので、適材適所を考えて、各々が成長できるように最大の配慮と支援を行う。

 

3Sは企業が生まれ変わり成長するための基本要件であり、人材育成の機会です。

このことを目的・目標に、経営者は高い見識と強い意志を持って取り組むまなければなりません。

すべては経営者自身が、そのように想うことからはじまります。